仕事に役立つ資格

どのような資格が、仕事で役立つと言われているでしょう。

一口に資格といっても、民間の資格も入れれば3000以上あります。一口に仕事で役立つといっても、現在の仕事に役立つ資格なのか、その資格を持つことで転職がしやすくなるか、副業にいい資格なのかがあります。

資格を取る時には、どういった目的で資格を取得したいのかを、第一に考える必要があります。日商簿記の資格は、仕事で役立つ資格についてのネットアンケートで、様々な人が名前を挙げていました。

役立つ資格として仕事に使えているという人の他、この資格を持っていたために転職で未経験の事務職になれたという人もいます。仕事に役立つ資格としては、マイクロソフトオフィススペシャリスト、秘書検定、TOEICなどが知られています。

これから先、人手不足が予想される業種が介護です。将来的な転職を視野に入れている人は、介護の転職に有利になるような資格の勉強をしておくことも有用でしょう。

介護に関する資格としては、ケアマネージャー、医療事務、介護事務があります。資格を取得することで年収を高めていきたいという人は、社会保険労務士、司法書士、行政書士の資格などかおすすめになっています。

仕事に役立つ資格には違いありませんが、資格取得までには時間と労力が必要になります。