就職活動で仕事を得るための自己分析

もしも、希望の仕事に就職したいと考えているのであれば、自己分析をしっかりつくることです。自己分析とは、一体、何をするものなのでしょう。就職活動の準備に際しては、自己分析をしておくことが大事だといいます。自己分析をすることで、自分のものの考え方や、価値観などが客観的に理解できます。就職活動で良い仕事を見つけるために、自己分析を取り入れるといいますが、実際にはどのような方法で行えば良いのでしょうか。今まで、自分にとって大きなイベントだと思ったことや、これまでの人生で印象深い出来事を書き出します。そして、書いた内容を時間に沿って洗い直します。印象深い出来事をそれぞれ並べていき、その中から一番精神が下向きになったこと、一番やる気がも満ちあふれたことは何かを調べます。例えば、一番気持ちが良かった瞬間は、部活動の大きな試合で優勝した時で皆に話しまくったとか、落ち込んだ時はテストで順位が下がった時で、怒りがこみ上げたけどすぐに勉強を開始したなどです。自分の言動や行動を顧みた時に、無意識にしていたことが、仕事と関わりを持ちます。何か一つの趣味に熱中することができるため、集中して物を組み立てる仕事などに適正があるのではないかという見方をしていきます。自己分析をして、選んだ仕事が本当にその人に向いているかというのは、実際にはわかりません。しかしながら、ひとつの選択として、性格的に向いていそうというのは選ぶ時に大切な事です。自己分析はとっかかりがつかみづらく、開始早々に行き詰まってしまう人もいますが、思いつくままに書いていっても構いません。わずかなことでも文字にしていくことで、それがきっかけになって書くことが増えたりもします。就職活動中に、どんな仕事があっているかを見極めるのは難しいので、自己分析も上手に使って見ると良いでしょう。