就職活動を進める方法について

滞りなく就職活動を行うためには、どんなことをする予定なのかを調べておくことです。会社説明会のアポイントと、資料請求の手続きが、就職活動の最初のステップです。合同説明会と、企業説明会は、似ているように見えますが、実は違います。合同説明会はさまざまな企業が集まるので、複数の企業について説明を聞くことができます。個別で行われる企業説明会は、予約をしてから行くものです。定員オーバーで予約ができないということもありますので、要注意です。企業によっては、企業説明をしたその日のうちに、筆記試験をして合格者だけが面接を受けられたりもします。いつ選考がされてもいいように、就職活動中は自己PRと志望動機ぐらいはまとめておきましょう。テーマを決めて文章を書いたり、一般常識試験を行うこともあります。一般常識の問題集を使ってみたり、新聞を日頃から読んでおくことで、筆記試験の対策になります。性格検査もなかなかの難関で、自分を良く見せようとすると矛盾が生じ失敗しますので、正直に答えることが大切です。無事に筆記試験をクリアすると、面接です。面接は就職活動の要であり、ここを突破しなければ、採用されることは決してありません。就職活動のハイライトとも言える面接を成功させるためには、きちんと対策を講じておくことです。一次面接、二次面接と面接を繰り返していくことで、内定が出ます。第一志望の企業から内定をもらえれば就職活動は終わりですが、そうでない場合は、よく考えて契約書の提出をしましょう。