就職活動を開始するにあたって

要点を押さえた活動ができるかどうかが、就職活動をやり遂げるためには重要になります。就職活動の開始はまず企業にエントリー、資料請求をすることから始まります。資料請求は、より詳しく知りたいという企業に対して行います。資料と一緒に、採用説明や説明会の予定表などが届きます。何となく興味を持ったという程度で、資料請求はしても問題ありません。はっきりと希望の会社が決まっていない段階でも資料を請求しましょう。資料請求をしておいて、説明会に行かないことにしても、ペナルティが科せられたりはしません。就職活動では、エントリーシートと履歴書を作り、企業に出すことが次のステップになります。採用試験を受ける前に、これらの書類は出します。就職活動のはじめに行った資料請求によって届いた資料にエントリーシートが入っていることもありますし、会社説明会で渡される場合もあります。就職活動をし始めた段階でエントリーシートを書かなければならなくなると、困ってしまうことがあります。エントリーシートを各段階になって困ることがないように、自己分析の内容をわかりやすく手帳などに書いておくといいでしょう。自分という存在をいかに企業に売り込めるかが、エントリーシートの狙いです。履歴書を作成するのは、自分の経歴を明らかにするためのものです。履歴書も作成しておくことが、就職活動では必要です。